簡易金型(3CDプロセス) 3CDプロセスとは

HOME > 簡易金型(3CDプロセス) > 3CDプロセスとは

3CDプロセスとは

協和合金独自の設計プロセスでCAD/CAM/CAST/DIRECTの略です。
このプロセスは、設計から金型製作、ダイキャストまで社内での一気通貫システムと特殊型素材、鋳造法の組合せで従来では、難しかった短納期と数十~数百といった小ロットのダイキャスト鋳造が可能になりました。

ダイキャスト製法から見る 3CDプロセスの利点

3CDプロセスの利点

概要

製品開発の試作段階において、量産とは違う製造方法を採用しているため、ダイカスト量産段階においてトラブルとなるケースが増えている。
これは試作時ダイキャスト品での評価がなされていないことに起因する、これは型が高価で製作納期が、かかるためである。
そこで低価格、短納期、少量製作、開発試作のニーズにこたえるべく、新材料による簡易金型および鋳造法を提案します。