スターリングエンジン スターリングエンジンとは

HOME > スターリングエンジン > スターリングエンジンとは

スターリングエンジンとは

スコットランドの牧師ロバート・スターリングが1816年に発明した、シリンダー内の気体を外部から加熱・冷却して仕事を得る外燃機関で、理論的にカルノーサイクルと等しい高い熱効率を有し、外燃機関であるため熱源を選ばない(太陽熱、バイオマス燃料廃熱...etc)また化石燃料を熱源にする場合、その燃焼は連続燃焼であるため排気ガスがクリーンである。
動力源となる作動ガスの圧力変動が正弦波状であるため、振動騒音が低い等の特徴がある。
またスターリングエンジンは、逆サイクルの利用が可能であり、フロン系冷媒を用いない冷凍機も開発されている。

ECOLOGY

近年地球環境の問題が騒がれているが、スターリングエンジンは他のエンジンに比べ運転には、熱源(温度の高低差)があればよく、シンプルかつエコロジーなエンジンだと言われている。
スターリングエンジンを搭載した発電機は、熱源に太陽光、工場廃熱、バイオマス燃料を使用することで、従来の発電機よりCO2の発生を抑え、エネルギーリサイクルが出来るクリーンな発電機となっている。
ただ技術的な課題も多く今後、各企業の研究開発が進展し、一刻も早い実用化が期待される。

構造図

C.C.C.Dプロセスの利点

作動原理

  • 作動原理の基本は、空気を加熱すると膨張し冷却すると収縮する性質を利用したもので、単純な仕組みです。
    しかしながら実用的動力として取り出す方法が難しいため、発明されて以来200年近く経過し、いまだ研究開発が進められています。
  • このエンジンの構造は、ピストンの作動空間に容積変化を誘起し、作動ガスに圧縮、膨張の機会を与え、加熱部及び冷却部を圧縮、膨張した空気が通過することにより、一連の作動が得られます。
    そのためエンジンのスタート時は、空気を強制的に移動させることが必要で、フライホイールを意図的に回転させることで、下記の工程を繰り返し連続的に作動します。
C.C.C.Dプロセスの利点